2017年4月26日「Googleウェブマスター向け公式ブログ」にて「Google 検索における最新の品質向上について」という内容が発表されました。

長期的な改善の取組みを念頭に、本日 Google では、より高品質なコンテンツを表示されやすくしていくための諸々の変更を加えました。この変更の中には検索ランキングの改善や、ユーザーがより簡単にフィードバックを提供できるシンプルなツールの導入が含まれます。

引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ

今回は、評価方法の改善やアルゴリズムのアップデートを行っているようで、すでに各所でニュースになっております。

【関連ニュース】
グーグルが検索アルゴリズムを変更、不適切コンテンツを下位に

いろいろと引用ばかりの記事になってしまいますが・・・

本日から、オートコンプリート機能に表示されるクエリ候補に、ユーザーがフィードバックを返せる仕組みを追加しました。さらに、強調スニペットについても、フィードバック画面の項目に、明確にラベル分けしたカテゴリを記載することで、より簡単に不適切なコンテンツを Google にお知らせいただくことが出来るようになります。

引用元:Google ウェブマスター向け公式ブログ

以前からフィードバックの機能自体はあったのですが、、本ブログは最近始めたばかりで記事がないので、海外SEO情報ブログのこちらの記事にリンクを貼らせていただきます。

【参考記事】
Googleで、関連性に乏しく品質が低い検索結果を発見したときはどうすればいいのか? Google社員からのアドバイス

フィードバックツールを見てみた

一応ウェブ周りを仕事にしているので、こういったニュースは見るだけでなく「実際に触ってみよう」という事で、フィードバックツールを表示させてみました。

 

今回は、「役に立った」以外の選択肢が増えているようで今後のアルゴリズムの改善に活用するようですので、変なの見つけたらやってみましょう。

—–2017/4/27日追記—–
海外SEO情報ブログが更新されておりました。
Google、フェイクニュース対策として“プロジェクト アウル アップデート”を実施

Similar Posts